現地の気候に合わせたファッションを

海外旅行で荷物を準備するときに気になるのが、服装をどうするかです。写真を撮るタイミングが多いですし、せっかくの旅行ですのでおしゃれをしたいですよね。旅行のためにわざわざ新しい服を買う人もいるのではないでしょうか。 服選びで大事なのは、まずは現地の気候を知ることです。場所が変われば天気の移り変わりも違います。日本では冬の寒さの時期でも、旅行先は温かいかもしれません。そんなエリアにコートやセーターを持って行っては役に立ちませんよね。他にも、昼と夜の気温差が激しすぎて、夜出かけるときに寒さを感じるかもしれません。ここ一週間の最高気温と最低気温をチェックして、手持ちの服でうまく調節できる組み合わせを考えましょう。寒がりの人は薄手のパーカーがあると便利です。

雨予報だとしてもガッカリしないで

日本の天気予報で雨の確率が30%以上と出ていたら、雨が振ると思って傘を持ち歩く目安になりますよね。一度雨が降り出すと数時間以上は続き、一日中雨になることもよくあります。海外旅行中には天気には恵まれたいですよね。旅行の時期の天気予報をチェックすると、もしかしたら毎日雨のマークが付いているかもしれません。これだと旅行に行く前からガッカリしてしまいます。でも日本と違って海外の場合、雨が降っても1時間もしないで止んでしまうことはしばしばあります。1日中雨が振り続けることが珍しい地域もあります。そういうエリアだと、すぐに雨が止むと分かっているため、雨でも傘をささずに濡れたまま歩いている現地の人もいます。